学費から選ぶ方法や学校の雰囲気で選ぶ

男女

大阪には、数多くの通信制高校は存在しています。府立の高校もあれば私立高校も存在しているため、いったい何処選んだらよいのかわからなくなるでしょう。そこで、まず選び方の基準は学費になります。学費は、府立高校の場合1単位当たりおよそ100円程度と非常に安いです。1年間で見積もるとおよそ3万円程度のお金になることがほとんどです。そのため、可能なかぎりお金をかけたくないならば府立高校の選択が一番でしょう。これに対して、私立高校の場合には、1単位当たり8000円ぐらいになることが多いです。そうすると、1年間の費用が30万円ぐらいになります。全日制高校に比べると1/3程度の金額になるため非常に安いと言えるでしょう。ただ、どのような内容を学ぶかによって金額が異なることが多いです。例えば、理科系の全日制高校を選ぶ場合には実験などもあるためその分だけ費用が高くなると考えておきましょう。もう一つは、学校の雰囲気から選ぶ必要があります。学校の雰囲気といっても自宅で学ぶためそこまで重要ではありませんがスクーリングなどを行うこともあるためどのような雰囲気なのかを知っておくと通いやすくなります。例えば、制度全体の雰囲気がまじめな雰囲気なのかそれとも明るい雰囲気なのかによって自分に合うかどうかか変わってくるでしょう。また、年齢層はどのようになっているかなども調べておくとよいです。

入学前に準備しておきたいこと

女子学生

物事には、必ず準備が必要になります。大阪府内にある通信制高校に入学したいならば、入学前の準備としてはどのような入試になっているかを理解しておくことでしょう。学科試験もありますが、面接が非常に重要な役割を果たすのが通信制高校の特徴になります。そのため、どのような志望動機で通信制高校を選んだのかを明確にしておくとよいです。あくまで、その学校でなければ学ぶことができないことを調べておきましょう。家が近いからなどといった理由を述べるとマイナスに評価されてしまいます。

入試のタイミングを考える

勉強

大阪の通信制高校に確実に入学したい場合には、入試のタイミングをよく考えて体調管理をしておくことが重要になります。通信制高校の入試自体は全日制高校と異なり年に2回あることが多いです。なぜかといえば、二学期制を採用しているところが多いからです。一般的な高校入試の時期といわれる一月から三月にかけてと、八月ぐらいに入試を行うパターンもあります。もちろん、一月から三月の間にしか行わないところもありますので体調管理を十分にしておくことが必要です。

広告募集中